face

face海岸に漂着している陶器の破片をモチーフに。
長い間、広い海を漂い、波に揉まれてきた姿を見ていると「いつから」「どこから」「だれの」など想像を巡らせずにはいられません。絵付けの技法や材料から年代を判別することも可能なようです。
その表情はどこか人間と重なる部分があるとも感じます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。